ウーマシャンプーで脂漏性皮膚炎を治すための3つのポイントとは?

脂漏性皮膚炎の対処法とウーマシャンプーの関係

総販売累計が40万本を突破している人気のスカルプシャンプーの「ウーマシャンプー

 

【ウーマシャンプー】脂漏性皮膚炎を逆に悪化させてしまう2つの行動

 

そんなウーマシャンプーですが、脂漏性皮膚炎に効果はあるのでしょうか?

 

脂漏性皮膚炎を治すためには、いろいろな対策があるとされていますがシャンプー対策だけで治るものなのでしょうか?

 

使う前だと気になるポイントなので、調べてまとめてみました。

 

脂漏性皮膚炎の原因から、間違った対処法、ウーマシャンプーの効果までを記載しています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

そもそも脂漏性皮膚炎とは?

ウーマシャンプー商品画像

脂漏性皮膚炎は「脂漏性湿疹」とも呼ばれ、鼻周りや頭皮など、皮脂の分泌量の多い箇所を中心に起こす皮膚炎のことです。

 

皮脂の分泌量が多いオイリー肌、テカリ肌の人にも多く見られます。

 

症状としては主に、炎症、フケ、かゆみなどがあります。

 

脂漏性皮膚炎になる原因

 

ウーマシャンプー商品画像

 

皮脂の多い部分にはマラセチア菌がいます。

 

マラセチア菌とは、人の皮膚にすむ常在菌のことです。

 

本来はバクテリアなどから皮膚を守る働きをしてくれますが、様々な要因でマラセチア菌が異常増殖してしまうと、皮膚に炎症を引き起こしてしまう場合があります。

 

このマラセチア菌は脂分を好み、量の増えた皮脂を取り込んで、脂肪酸へと分解してしまいます。

 

そしてこの脂肪酸が増えると頭皮を刺激し、新陳代謝を早めてしまいます。

 

これが原因となり、角質がどんどん剥がれ落ちてフケや炎症などの症状につながっていくというわけです。

 

皮脂の分泌量が増える原因

1、「頭皮の乾燥」

ウーマシャンプー商品画像

 

現代人は頭皮だけではなく、全身の皮膚が乾燥していると言われています。

 

原因は洗浄力の強いシャンプーやボディソープによって、必要な皮脂も一緒に洗い流してしまうからです。

 

*アルコール成分の強い育毛剤を使うことも乾燥の原因に繋がります。

 

そして、乾燥してしまうと脂分を補おうとして皮脂を過剰に分泌してしまいます

 

その結果、脂漏性皮膚炎につながる脂性、オイリー肌になってしまうわけです。

 

2、「食生活」

ウーマシャンプー商品画像

 

皮脂量は、食生活からも影響を受けます。

 

主に

  • 糖分や油の多い食事
  • 刺激の強い食べ物(コーヒー・香辛料など)
  • アルコール飲料の摂取

などです。これらを過剰に摂取すると皮脂量が増え、脂漏性皮膚炎の原因に繋がります。

 

食生活の他にも

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 紫外線

等も皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

食生活というよりも、日常生活全体の見直しが必要になってきます。

 

脂漏性皮膚炎と抜け毛に関係性

ウーマシャンプー商品画像

 

脂漏性皮膚炎になると、フケ、かゆみ、炎症と言った症状が出て、頭皮環境の悪化に繋がります。

 

頭皮環境が悪化すると、髪の毛が細くなったり、毛根へのダメージが大きくなったりして、抜け毛の原因になります。

 

そして、脂漏性皮膚炎により抜け毛が増える症状のことを脂漏性脱毛症と呼びます。

 

症状が悪化し、この脂漏性脱毛症になると皮脂が詰まっているのが見ただけで分かったり、毛穴の奥にまで炎症が起きてしまったりするので頭皮自体が赤くなってしまいます。

 

頭皮や髪がベタついてきた上に、抜け毛が増えてきたという人は脂漏性脱毛症を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

【脂漏性皮膚炎が抜け毛の原因になる流れ】

 

皮脂の分泌量が増える

皮脂が多い箇所のマラセチア菌が増殖する

マラセチア菌が皮脂を脂肪酸に変え、新陳代謝を早める

角質が剥がれ落ち、フケや炎症が起き、頭皮環境が悪化する(脂漏性皮膚炎)

抜け毛が増える

 

このような流れで、抜け毛が増えていきます。

 

一番最初にある「皮脂の分泌量が増える」ということを抑えることで抜け毛や脂漏性皮膚炎を予防できる可能性が高まります。

 

脂漏性皮膚炎を悪化させてしまう2つの行動

 

ここで脂漏性皮膚炎になったときにやってしまいがちなやってはいけない2つの行動をご紹介します。

 

間違ったシャンプー選び

ウーマシャンプー商品画像

 

脂漏性皮膚炎を治していく上で頭皮環境を整えるという意味でもシャンプーの存在は欠かせません。
そしてシャンプー選びにおいて絶対に避けたほうがいいものがあります。

 

それは洗浄力の強いシャンプーを使うということです。

 

洗浄力の強いシャンプーを使うと、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

 

皮脂は適度な量が必要で、これにより頭皮をコーティングし保湿性を保ってくれています。

 

必要以上の皮脂を落とすことは乾燥、フケ、かゆみに繋がります。

 

乾燥のせいで皮脂の過剰分泌が起こり、余計に脂漏性皮膚炎を悪化させる場合もあります。

 

ですので、敏感肌や脂漏性皮膚炎を発症している人は洗浄力の強いシャンプーは避けたほうがいいでしょう。

 

具体的には

  • 石鹸系シャンプー
  • 高級アルコール系

などです。これらは価格は安いが、刺激と洗浄力が強い特徴があります。

 

もちろん、炎症など起きていない人で脂性の人等はこれらで十分の場合もあります。

 

しかし、脂漏性皮膚炎や敏感肌、炎症がある人はシャンプーを選び直してみることをおすすめします。

 

軟膏でのケア

ウーマシャンプー商品画像

 

頭皮には皮脂が排出される皮脂腺という腺があるので、頭部は脂漏性皮膚炎が起こりやすい部位としても知られています。

 

そして脂漏性皮膚炎になった場合軟膏でのケアと言う方法が挙げられます。

 

しかしこの軟膏でのケアですが、塗る部位によっては髪の毛に隠れてしまい、空気が触れられない状態になり、逆に蒸れて症状が悪化してしまう可能性があります

 

さらにそこからかゆみを生み、寝ている間などに強く掻いてしまったりしてしまうケースもあります。

 

もちろん、軟膏でのケアは効果的ですが、悪化させる状況になってしまっては元も子もないのでそういう場合は避けたほうが良いでしょう。

 

そのような場合は抗真菌薬のシャンプーやアミノ酸シャンプーなどを使いながら対処していくと良いでしょう。

 

脂漏性皮膚炎の治し方

 

基本的に脂漏性皮膚炎になったら、皮膚科に見てもらうのが一番です。

 

皮膚科での一般的な処方としては、ケトコナゾールと呼ばれる有効成分の入った外用の抗真菌薬を使った対処法が一般的です。

 

しかし、それだけではなく並行してセルフケアも大事になってきます

 

脂漏性皮膚炎は日常の生活習慣の改善でかなりの予防が期待できる疾患です。

 

自分できるセルフケアを学んで、実践するだけでも改善できる場合もあります。

 

ここでは、自分でできる脂漏性皮膚炎を治すための4つのポイントをご紹介します。

 

体質改善

ウーマシャンプー商品画像

 

基礎代謝を上げましょう。基礎代謝が低いと、血中の中性脂肪が燃焼されず、皮脂が過剰に分泌してしまいます。

 

基礎代謝を上げる方法として、

  • 適度な運動
  • サウナ
  • 半身浴

などが有効的です。運動不足が続いているという方は、まずストレッチなどから始めるのも一つの手です。

 

食生活

ウーマシャンプー商品画像

 

こちらは先程原因でも言いましたが、脂漏性皮膚炎は食事も影響してきます。

 

脂漏性皮膚炎の原因となる食べものは以下のようなものです↓

 

  • 刺激物が多いもの(コーヒー、タバコ、辛すぎる食べ物、など)
  • 甘味料(お菓子、ケーキ、アイスなど)
  • 油っこいもの(唐揚げ、カルビ、マヨネーズ、マーガリン、バターなど)
  • アルコール

 

脂漏性皮膚炎を発症している人はこれらを控えるようにしましょう。(*コーヒーをやめたら脂漏性皮膚炎が治ったという例もあります)

 

食事制限まで考える必要はありませんが、過剰摂取をしていた人は意識的に減らすように心がけた方が良いでしょう。

 

そしてそれと同時にビタミンの摂取が必要になってきます。ビタミンには皮膚症状の悪化を和らげる効果があります。

 

定期的に摂取することで脂漏性皮膚炎全体の症状を緩和させることができます。

 

タミンの中でも脂漏性皮膚炎の改善に効果的なのはビタミンB2ビタミンB6と言われています。

 

ビタミンB2とビタミンB6を多く含んだ食材は以下のようなものがあります。

 

ビタミンB2

うなぎ、レバー、納豆、卵、乳製品、葉菜類など

 

ビタミンB6

マグロ、カツオなどの魚類、レバー、肉類、バナナなど

 

ちなみにこの2つの成分を一緒に取れる食品としておすすめなのが納豆です。

 

他にはしじみ、緑黄色野菜であるかぼちゃ、人参、ほうれん草、ブロッコリーなどもビタミンを豊富に含んでいます。

  • しじみ
  • かぼちゃ
  • 人参
  • ほうれん草
  • ブロッコリー

これらの食材もビタミンを豊富に含んでいます。

 

そして、これらは常に体内に留めておくことはでいません。日常的に継続して摂取していく必要があります。

 

長期的に取り入れていくことで、体質改善に繋がり、脂漏性皮膚炎の改善へとつながっていきます。

 

バランスの取れた食事は、栄養面だけでなくそれぞれ栄養素が補完し合って、有毒な微量物質の影響を受けにくくするという効果もありますので、ぜひ取り入れていってください。

 

生活習慣

ウーマシャンプー商品画像

 

日常の生活習慣の改善も脂漏性皮膚炎の改善には必要になります。

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 過労

これらは脂漏性皮膚炎の増悪因子です。

 

できるだけストレスを避け、質の高い順分な睡眠を取るように心がけましょう。

 

ちなみに夕方のウォーキングは、副交感神経を優位にさせ、リラックス効果が期待できます。さらに適度な疲労により質の高い睡眠も取れるようになります。

 

気づいたときに、ぜひ実践してみたください。

 

シャンプー選び

ウーマシャンプー商品画像

 

脂漏性皮膚炎にとって毎日の入浴、洗髪は頭皮環境を良くし、予防していくためには必要な習慣です。

 

そして、その上でシャンプー選びは重要な要素です。

 

先程洗浄力が強いシャンプーはオススメできないと言いましたが、逆に洗浄力が適度にあるアミノ酸シャンプーはおすすめです

 

アミノ酸シャンプーは低刺激で、洗浄力が程よく必要な皮脂も残してくれる役割があります。

 

低刺激のシャンプーに変えただけでも症状が一気に改善したという例もあるので、

  • 脂漏性皮膚炎
  • 薄毛に悩んでいる人
  • 敏感肌

こんな人はアミノ酸シャンプーを選ぶと良いでしょう。

 

ただし、このアミノ酸シャンプーにもデメリットもあります。それは値段が高いという点です。

 

市販で売っている石鹸系シャンプーや高級アルコール系シャンプーの比べると、アミノ酸シャンプーは数倍から数十倍の値段がするが一般的です。

 

頭皮刺激への配慮や、効果を考えてしまうと「価格=品質」の考え方は仕方ないのかもしれません。

 

ただ、脂漏性皮膚炎でいつまでも安価な洗浄力の強いシャンプーを使っていると症状は改善しない場合があるので注意しましょう。

 

脂漏性皮膚炎の治療期間

ウーマシャンプー商品画像

 

脂漏性皮膚炎を発症したら、1週間そこらで治るという考えは持たないほうがいいです。

 

脂漏性皮膚炎の病原体であるマラセチア菌は真菌と呼ばれる、一種のカビです。

 

考え方としては水虫のようなもので治療には長い期間が必要とされています。

 

期間的には数カ月は見たほうがいいでしょう。

 

日常生活や、食生活の改善などを取り入れながら長く付き合っていく意識で治療に向かいましょう。

 

脂漏性皮膚炎とウーマシャンプーの効果について

ウーマシャンプー商品画像

 

結論から言うとうウーマシャンプーは脂漏性皮膚炎にはおすすめのシャンプーになります。

 

洗浄力が程よいアミノ酸シャンプーで、低刺激なのが特徴です。

 

さらに馬油やグリチルリチン酸2Kなど炎症を抑える働きがある成分も入っているので、脂漏性皮膚炎改善の効果が期待できます
ただし、シャンプーには人それぞれ合う合わないがあり、いくら良いものを使っても合わないものを使うと逆にフケ、かゆみなどの症状が出る場合があります。

 

ですので自分の肌に合うシャンプーを見つけることが大事になってきます。

 

ちなみにウーマシャンプーの公式サイトでの定期購入は、30日間全額返金保証付きで買うことができます。

 

定期購入でも初回から解約もできるので、実質最初の1本のシャンプー代はタダで購入することができます

 

とはいっても、1ヶ月で育毛や脂漏性皮膚炎に効果が現れるわけではないので、この返金保証は自分の肌に合うか合わないかの確認のために使えるものになります。

 

まとめ

 

脂漏性皮膚炎は長い期間としっかりとした対策を行えば改善できる疾患です。

 

症状がひどいときには皮膚科に診てもらうのが一番ですが、それと同時にセルフケアも大事になってきます。

  • 適度な運動
  • 食事バランス
  • 睡眠
  • ストレスを溜めない
  • 脂漏性皮膚炎に効果的なシャンプー選び

これらを意識して、毎日の生活に取り入れていくようにしましましょう。

 

関連記事↓

ウーマシャンプーの口コミ!悪評があるってホント?

 

ウーマシャンプーの成分を解析!こんな効果が・・・

トップへ戻る