気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

抜け毛の気にし過ぎでハゲが進行する理由と対処法

今回のテーマは「抜け毛気にしすぎで薄毛は本当に進行するのか」です。

 

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

一見、「気にしたくらいで抜け毛なんて増えるわけないじゃん!」

 

って思う方もいるかと思いますが、実はそこにはちゃんとした理由があり、しっかりと抜け毛の原因になっていたのです。

 

薄毛や抜け毛は私も経験があるので分かるのですが、気になりだすと止まらなくなってしまい、余計悪循環になってしまう場合が多いです。

 

ですので、この記事でしっかりとした育毛の知識を身に着けて、抜け毛を減らす方法&髪を育てる方法学んでほしいと思います。

 

気にし過ぎで抜け毛が増える理由

 

気にし過ぎで抜け毛が増える理由・・・それはズバリ、ストレスです!

 

ウーマシャンプー商品画像

「え?そんなこと?」

 

と思う方もいるかもれませんが、ストレスもれっきとした薄毛の原因になるのです。

 

ストレスにより抜け毛が増える理由は「血行不良」を引き起こすためです。

 

ストレスを感じると交感神経が緊張して、収縮し、血流が悪くなります。

 

すると頭皮まで栄養がしっかりと行き渡らなくなるため、髪が育たず、抜け毛に繋がってしまうのです。

 

睡眠不足による抜け毛

ウーマシャンプー商品画像

 

また、ストレスは睡眠不足にも影響してきます

 

睡眠中は副交感神経が活発に働き、全身の血行が良くなっている状態です。

 

睡眠不足になると、これまた血管が収縮してしまうので血行不良に繋がります。

 

そして髪の毛を修復したり、育てたりする成長ホルモンが十分に分泌されなくなってしまうので、髪に悪影響を与えます。

 

ストレスによる抜け毛の病気

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

ストレスは抜け毛の原因ということはお分かりいただけたと思いますが、悪化すると更に病気にまで発展する可能性もあります。

 

代表的な病気としては「円形脱毛症」です。

 

円形脱毛症とは10円ほどの範囲で髪が抜けてしまう脱毛症、いわゆる「10円ハゲ」と呼ばれるものです。

 

この症状は「自己免疫疾患」と呼ばれていて、発症原因の一部にはストレスが関係していると言われています。

 

抜け毛の気にしすぎは間接的に薄毛の様々な原因を同時に引き起こしてしまうのです。

 

ストレスは日常生活にも悪影響

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

ストレスによる身体の変化は髪の毛だけではありません。

 

過度な気にしすぎによるストレスは

 

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 冷え性
  • 動悸(どうき)
  • 疲れやすくなる
  • 耳鳴り
  • イライラしやすくなる

 

などといった症状に繋がってしまいます。

 

単なる抜け毛の気にし過ぎが日常生活にも支障をきたしてしまいます

 

あまり考え込みすぎると余計に悪循環に陥ってしまうので、気持ちしっかりと保つことが大事です。

 

抜け毛はそこまで気にする必要はない?

ウーマシャンプー商品画像

  • お風呂の排水口にこんなに髪の毛が・・・
  • 朝起きたら枕に髪の毛が・・・
  • 掃除したら大量の髪の毛が・・・

 

このように色々な場面で抜け毛がどうしても気になってしまうときはあると思います。

 

しかし、髪の毛は健康な人でも一日で100本は自然に脱毛してしまうと言われています。

 

「そんなに抜けて異常じゃないの?」って思うかもしれませんが、これが平均なのです。

 

抜け毛の多い季節(秋頃)によっては1日200本まで抜けることもあります。

 

逆に一日に数本しか抜けないときもあります。

 

ですので、「毎日抜け毛が酷い・・・」という思い込みは意外と独りよがりだったりする場合もあります

 

毎日同じ量抜けているのにふと薄毛が心配になって、抜ける量を気にしていたらだんだん悪化しているんじゃないかと思い込んでしまうという感じです。

 

毎日抜け毛が起きる要因としてはヘアサイクルの問題が関わってきていると言われています。

 

抜け毛は当たり前?ヘアサイクルとは?

ウーマシャンプー商品画像

 

1日に平均100本は抜けるのになぜ髪の毛がなくならないのだろうと思いますが、それは「髪の毛が寿命で古くなった毛が落ち、そして新しい髪の毛が生えてくるサイクル」があるためです。

 

このサイクルをヘアサイクルといいます。

 

ヘアサイクルは大きくわけて「成長期」「退行期」「休止期」の3つのステージに分けられ、男性で3〜5年女性で4〜6年で一巡すると言われています。

 

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

成長期

 

成長期はまさに髪が成長している段階で、10万本あると言われている人間の髪の毛の約8割はこの成長期の段階にあります。

 

この期間が一番長く、2年〜6年で次のステージに移行します。

 

退行期

 

退行期は最終ステージの「休止期」に移行するまでの過程です。

 

毛母細胞の細胞分裂が衰えてきて、髪が退化してきます。

 

全体の髪の1%がそれにあたり、期間は約2週間です。

 

休止期

 

完全に髪の毛の成長が止まり、古くなった毛が抜け落ちる期間です。

 

全体の髪の10%がそれにあたり、期間は3〜4ヶ月です。

 

1日に100本抜けると説明したのは、この休止期の髪の毛です

 

ヘアサイクルの乱れによる抜け毛の増加

 

「抜けるのは分かったけど、ちゃんと成長もするのであればなんで薄毛になるの?」

 

と疑問になりますが、それは成長期の髪の毛の比率が少なくなり、休止期の髪の毛の量(抜ける量)が増えるといったヘアサイクルの乱れにあります。

 

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

つまり、簡単にまとめると「生えてくる髪の毛の量よりも、抜け落ちる髪の毛の量の方が多くなると薄毛になってしまう」ということになります。

 

また、ヘアサイクルが乱れると生えてくる髪の毛も細く、短いものばかりになってきてしまい、髪の毛のボリュームダウン、地肌が透けるなどといったことになってしまいます。

 

そして、そのヘアサイクルの乱れは

 

  • 飲酒・喫煙
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 加齢
  • 頭皮環境の悪化

 

など様々ありますが、やはり大きいのはストレスと言われています。

 

確かに色々な原因を改善していくことも大事ですが、抜け毛の気にし過ぎのストレスも大きく関わっているとわかった以上、過度な心配はしないようにしたほうが得策です。

 

髪の毛は抜けることが当たり前なのですから、抜ける本数を数えるより髪をどう育てるかを考えていきましょう。

 

抜け毛を気にするより育てる方法を考えよう

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

抜け毛を気にすることはただ抜け毛を増やすだけの無駄な悩みということがお分かりいただけたと思いますので、ここからは髪を育てる対策を行っていきましょう。

 

気軽に始められる髪を育てる方法をご紹介します。

 

ストレス発散する

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

ストレスは大きな要因なので溜めずに、常に発散するように心がけましょう。

 

おすすめのストレス発散方法は以下のようなものです。

 

ジョギング

 

ストレス解消効果がある上、適度に身体を動かすので全身の血行が良くなります。

 

頭皮への酸素量や栄養素の量も増えるので、間接的に髪の成長に繋がります

 

また、ジョギングが大変な人は散歩ウォーキングなどの軽い運動でも大丈夫です。

 

ゆっくり街を歩くだけでもストレス解消になり、血液も循環するようになります。

 

お風呂・サウナ

 

ゆっくりお風呂に浸かったり・サウナで汗を流すことは全身の血行促進に繋がります。

 

休みの日はスーパー銭湯などでゆっくりするのも良いでしょう(^^)

 

マッサージ

 

マッサージを受け、有意義な時間を過ごすことでストレス解消になるでしょう。

 

身体も温まり、血行促進に繋がります。

 

またリラックス効果もあるので、副交感神経の緊張が和らぎ、血流が良くなります。

 

バッティングセンター

 

好きな人であれば、バッティングセンターもおすすめです。

 

単純な遊びですが、楽しく時間を過ごすことができるのでストレス解消になります。

 

同時に運動も行えるので、抜け毛に悩むのであればぜひやってみてほしいです。

 

その他自分の趣味でストレスを発散できることがあれば、それに打ち込んでみるのはおすすめです。

 

睡眠時間をしっかりと確保する

気にしすぎで抜け毛が増えるってマジ!?その理由と対処法とは?

 

先程も睡眠については少し触れましたが、睡眠不足は血行不良や、成長ホルモン分泌の妨げになるので髪の毛の成長を阻害していしまいます。

 

髪を育てるのに睡眠をとることはとても大事になってきます。

 

目安としては最低6時間以上は睡眠時間を取るように心がけてください。

 

そして、成長ホルモンが最も分泌される眠りのゴールデンタイムと呼ばれる午後10時〜午前2時の間には眠りにつくようにしましょう。

 

6時間でも睡眠時間を取るのが難しいという方は、せめてゴールデンタイムの時間帯だけでも寝るように意識してみてください。

 

頭皮環境を改善する

ウーマシャンプー商品画像

 

いくらストレス発散をして髪を育てようとしても、髪を育てる環境が悪化していれば元も子もありません。

 

頭皮環境の悪化は

 

  • 乾燥
  • 炎症
  • 湿疹
  • 痒み・フケ
  • ニキビ

 

などの頭皮トラブルを引き起こし、結果として抜け毛に繋がってしまう場合も多いです。

 

頭皮環境の改善にはシャンプーを使いますが、これ又相性の悪いシャンプーや質の低いシャンプーであれば逆に頭皮を刺激し、頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

抜け毛予防でシャンプーを選ぶのであれば、ちゃんとした育毛シャンプーを選んでいく必要があります。

 

育毛シャンプーで調べれば、色々な種類が出てくると思うので返金保証などを使いながら、自分に合うシャンプーを見つけてみてください。

 

ちなみに当サイトでおすすめしている育毛シャンプーは「ウーマシャンプー」です。

 

ウーマシャンプー商品画像

 

ウーマシャンプーの特徴である保湿成分がたっぷりの馬油が含まれていたり、有効成分「グリチルリチン酸2K」などが頭皮のトラブルを防いでくれるので、頭皮環境をしっかり整えてくれます。

 

人気雑誌のモノクロ(MONOQLO)でも「ベストバイシャンプー」に2年連続選ばれている評価の高いシャンプーで、返金保証も付いているので、気になる人は試してみてください。

 

まとめ

 

抜け毛は気にしすぎると、ストレスになり、そのストレスがまた抜け毛を加速してしまいます。

 

髪の毛はヘアサイクルがあるので、必ず抜けるものです。

 

正しい髪についての知識を身につければ、抜け毛に悩むことがいかに無駄なことということが分かるはずです。

 

抜け毛の本数を数えるよりも、髪をどう育てていくかなど前向きに考えていくようにしましょう

トップへ戻る