楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

ハゲにビタミンは効果あり?

ハゲ対策には育毛剤、育毛シャンプー、運動、生活習慣の改善、など様々な方法がありますが、ビタミン摂取も効果があることをご存知でしょうか?

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

高価な育毛グッズを使わなくても、中にはビタミン摂取でハゲの症状が和らいだという人もいます。

 

薄毛の原因によってはそのような方法もあるのです。

 

この記事では

  • ビタミンとハゲの関係
  • 発育するために摂取すべきビタミン

の2点について解説していきたいと思います。

ビタミンとハゲの関係

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

 

まず、ハゲの原因にはAGA、頭皮環境が悪い、乱れた生活習慣、食生活、ストレス、など複合的要素が絡んでいます。

 

これらは均等に生活の中に取り入れていく必要があるのですが、特にバランスのとれた食生活というのは大事な要素です。

 

バランスのとれた食生活は体に必要な栄養を摂取することと同じです。

 

髪は体の他の細胞と同じで栄養素や酸素を取り込んでいくことで成長します。

 

ですので、栄養を摂取するということは頭皮環境や育毛剤のことを考える前にしなければならない大前提の話なのです。

 

育毛に必要な栄養素は数あれど、その中でも重要な役割を担っているのはビタミンになります。

 

ビタミンの役割とは?

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

 

髪を育てるために必要な3大栄養素として

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミン

があります。

 

それぞれがバランスよく取り入れられることによって上手く髪が育っていきます。

 

タンパク質

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

 

まず、タンパク質ですが髪の毛は大半がタンパク質でできており主原料は、体で作ることのできないアミノ酸という成分です。

 

これらは髪の毛の原料なのでまず、しっかりと摂取する必要があります。

 

【タンパク質を多く含む食材】

  • 肉類:生ハム、鶏ささみ、ローストビーフ
  • 魚介類:イワシ、いくら、たらこ
  • 卵類:卵黄、ピータン、うずらの卵
  • 大豆類:油揚げ、納豆、きな粉
  • 乳製品:パルメザンチーズ、ヨーグルト、カマンベールチーズ

 

亜鉛

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

 

亜鉛には原料となるタンパク質を髪の毛に変える働きがあります。

 

タンパク質をサポートしてくれるので、髪の生成を助けてくれます。

 

※他にも5αリダクターゼ酵素という薄毛の原因になる酵素を制御する働きもあります。

 

【亜鉛を多く含む食材】

牡蠣、豚肉(レバー)、ほや、牛肉、カニ缶、卵黄など

 

ビタミン

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

そしてビタミンです。

 

ビタミンにはタンパク質や亜鉛の吸収率を高める効果があります。

 

ビタミンが不足してしまうと、せっかく摂取したタンパク質や亜鉛もすべて吸収されず、体の外に排出されてしまいます。

 

いくら髪の毛を生成できる成分を摂取しても体に取り入れられなければ意味はありません。

 

そういた意味でも、ビタミンは重要な役割を担っていると言えます。

 

髪の毛に必要なビタミンとは?

ウーマシャンプー商品画像

 

ビタミンは13種類あり、髪の毛に必要と言ってもどれを摂取したら良いかわからない方も多いと思います。

 

ですのでここで髪の毛に特に必要とされているビタミンをまとめてみたいと思います。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビオチン(ビタミンB7)

 

ビタミンA

 

 

皮脂腺、汗腺へ影響があり、老廃物などの排出をスムーズにしてくれ、頭皮と毛穴を綺麗にしてくれます。

 

また、頭皮の新陳代謝を促進させる効果があります。

 

ビタミンAには植物性ビタミンのβカロテンと、動物性ビタミンの2種類があります。

 

どちらもバランスよく摂取するのが望ましいです。

 

【動物性ビタミン】

鶏、豚レバー、うなぎ、ホタルイカなど

 

【植物性ビタミン(βカロテン)】

焼きのり、しそ、モロヘイヤ、人参、ほうれん草(茹で)など

 

ビタミンB群

 

 

皮脂の分泌量をコントロールし、頭皮を清潔にする役割があります。

 

また、毛母細胞(分裂を繰り返し、髪の毛を作る細胞)を活性化させる働きもあります。

 

特にビタミンB2とビタミンB6には優れた育毛効果が期待できます。

 

【ビタミンB2を含む食材】

レバー、うなぎ、鶏卵、いくら、魚肉ソーセージ、納豆

 

【ビタミンB6を含む食材】

レバー、鶏肉、マグロ、カツオ、サケ、モロヘイヤ、バナナ

 

ビタミンC

 

 

髪の毛に栄養を運ぶ血流。それを繋いでいるのが毛細血管です。

 

この毛細血管が弱いと血流が悪くなり頭皮に栄養が十分に行き渡りません。

 

そして、この毛細血管はコラーゲンでできており、ビタミンCはコラーゲン生成を助ける働きがあります。

 

ビタミンCには他にも抗酸化作用があり、老化を進める活性酸素から体を守る役割もあります。

 

【ビタミンCを含む食材】

ピーマン類(赤、黄、緑)、ゆず、パセリ、レモン、柿

 

ビタミンE

 

 

ビタミンEはホルモン生成、分泌に関係していてホルモンバランスを維持させる役割があり、女性の美肌効果の低下、皮脂の過剰分泌などを防いでくれます。

 

また、ビタミンCでもお話した抗酸化作用も含まれているため、頭皮の老化を防ぐ効果もあります。

 

【ビタミンEを含む食材】

落花生、モロヘイヤ、アーモンド、アボカド、いわし、かつお

 

ビオチン(ビタミンB7)

 

 

髪の毛を作るタンパク質の代謝を活性化する役割があります。

 

また、ビオチンは白髪改善のサポートする働きもあります。

 

ビオチンが不足している人は、抜け毛、湿疹、爪割れなどが起こりやすいと言われています。

 

【ビオチンを含む食材】

きのこ類、レバー、ピーナッツ、あさり、ししゃも

 

過剰摂取に注意のビタミン!

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

 

ビタミンの中には、尿として排出されず体内に留まり副作用をもたらすものもあります。

 

今挙げたビタミンAビタミンEもそれです。

 

これらは脂溶性ビタミンと呼ばれ、油に溶けるビタミンなので尿では排出されません。

 

そして、過剰摂取して胃の中で残ってしまうと血流を阻害してしまう可能性があります。

 

中には、過剰摂取により皮膚や髪の毛への害がいくつも報告されているため注意が必要です

 

ただ、普段の食事の中で摂取する量ではこのような症状は出ませんので心配することはないです。

 

注意する人は普段の食事に加えて、栄養剤やサプリメントをいくつも飲んでいる人です。

 

サプリメントの量が多いとついつい摂取目安量を超えてしまう人が多いので、何か体に異変を感じたら、サプリメントをやめるなり、食生活を見直すなりの対策をする必要があります。

 

ビタミン摂取にサプリメントは有効?

楽に改善!?ハゲにはビタミンが効くって本当?その真相と方法を暴露

 

今までご紹介した栄養素はなるべく普段の食事から摂取するのが一番望ましいです。

 

しかし、今の現代社会において毎日バランスのとれた食生活を送るのは難しい部分もあります。

 

そんなときは、サプリメントでの栄養摂取も有効です。

 

現在だと、それぞれの成分をタブレット錠にしたものがあり、細かく分けて摂取することができます。

 

自分に不足しているビタミンを調べて使ってみるのも良いでしょう。

 

ただ、先程も言いましたが髪の毛を育てるにはビタミンのサプリメントだけではなく、亜鉛、タンパク質の同時の摂取も非常に大事になってきます。

 

髪に必要な栄養素は数え切れないほどあるので、すべてをサプリメントで補うというのは難しいと言えます。

 

更には、サプリメントだけに頼りすぎると成分の過剰摂取に繋がり、体に異変が起きる場合があるので注意が必要です。(特にビタミンAとビタミンEです。)

 

普段の食生活改善を意識し、サポートの役割としてサプリメントを併用していくのが望ましい形でしょう。

 

 

→食生活と一緒に見直したい頭皮環境の改善シャンプーはこちら

トップへ戻る