ウーマシャンプーの悪評口コミ2つ発見!効果がない人の特徴とは?

育毛シャンプーで脂漏性皮膚炎は治せるの?解説と

育毛シャンプーで脂漏性皮膚炎は改善できるのか

脂漏性皮膚炎になると、炎症や湿疹などがでてかゆみが伴い、酷くなると日常生活にも支障をきたすほどになったりします。

 

脂漏性皮膚炎を治す方法は色々と言われていますが、育毛シャンプーで改善することはできたりするのでしょうか?

ウーマシャンプー商品画像

毎日の頭皮ケアと共に脂漏性皮膚炎も同時に治せていけたら、お手軽ですよね。

 

気になったので、まとめてみました。

脂漏性皮膚炎とは?

ウーマシャンプー商品画像

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多い部位(顔や頭皮など)を中心にして起こる皮膚炎のことです。

 

症状としては、炎症、湿疹、かゆみ、フケなどです。

 

原因は主にマラセチアというカビの1種(真菌)で、皮脂量の多いところで繁殖し、皮脂を分解する際に炎症がおきたりします。

 

紫外線の強い梅雨の時期から夏にかけては肌のトラブルも多く、特に外気に触れ、影響を受けやすい顔や頭皮は脂漏性皮膚炎を発症しやすくなります。

 

また、他のアトピー性皮膚炎などとも症状が似ているため、脂漏性皮膚炎とは気づかず、対処法を間違えて症状が長引いてしまうというケースも少なくありません。

 

炎症による赤み、かゆみなどが繰り返し起こる場合は脂漏性皮膚炎を疑ってみましょう。

 

脂漏性皮膚炎の原因

ウーマシャンプー商品画像

 

原因は明確なことは分かってはいませんが、主に次のような要因が関係していると言われています。

 

  • 身体を不潔にしている
  • 生活サイクルの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 過度なストレスによるホルモンバランスの乱れ

 

また、発症に関わっているマラセチア菌が繁殖するにあたって、湿気、皮脂の分泌状況などの好条件になると発症するとも言われています。

 

育毛シャンプーで脂漏性皮膚炎は改善できる?

ウーマシャンプー商品画像

 

結論から言うと、シャンプーを変えただけで脂漏性皮膚炎を完治までもっていくのは難しいでしょう

 

しかし、症状を軽減する程度であれば肌に合うものを見つけられればシャンプーだけでも効果は期待できます。

 

そもそもマラセチア菌が増殖する原因も、シャンプーが十分じゃなく皮脂の多い頭皮環境を作ってしまったり、洗い過ぎによる皮脂の落とし過ぎで逆に皮脂の過剰分泌を生み出してしまうことにあったりします。

 

ですので、脂漏性皮膚炎とシャンプーは深い関係にあり、改善していくのであれば頭皮環境を改善する成分、自分に合ったシャンプー選びは大事なポイントになってきます。

 

特に育毛シャンプーは、頭皮環境の改善を意識して作られるものがおおく、頭皮にやさしい作りになっていますので、脂漏性皮膚炎向けのシャンプーと共通点が多いです。

 

選び方をしっかりすれば、しっかりと脂漏性皮膚炎改善のサポートをしてくれます。

 

ここでは、脂漏性皮膚炎の改善を考える上で大事な育毛シャンプー選びのポイントまとめていきたいと思います。

 

刺激が弱いシャンプーを選ぶ

ウーマシャンプー商品画像

脂漏性皮膚炎になると炎症などを引き起こしている場合があるため、刺激の強いシャンプーを選ぶと逆に悪化させてしまう可能性があります。

 

特に、市販で売っているシャンプーは刺激が強いものが多く、成分には食器洗剤などにも使われる合成界面活性剤が使用されているものがあるため、症状を改善していくのであればなるべく避けたほうが良いでしょう。

 

シャンプーは洗浄成分によって、石鹸系、高級アルコール系、アミノ酸系と大きく3つに分類することができます。

 

そして、3つの中で脂漏性皮膚炎に1番おすすめなのはアミノ酸系シャンプーです。

 

石鹸系シャンプー

石鹸の成分を用いたもので市販でもよく売られているシャンプーです。

 

人間の身体が酸性なのに対し、このシャンプーはアルカリ性でできているため、相性があまり良くなく、脂漏性皮膚炎の人には刺激が強くなりがちです。

 

高級アルコール系シャンプー

こちらもドラッグストアなどの市販のものによく使われているシャンプーです。

 

特徴として、泡立ちやすく、洗浄力が強く、価格が安いですが、刺激も同時に強くなるため、脂漏性皮膚炎の人にはオススメできません。

 

アミノ酸系シャンプー

洗浄力がマイルドで、低刺激が特徴です。

 

アミノ酸はタンパク質を中心として作られていて、タンパク質でできている人間の身体と相性がよく、頭皮にもやさしいです。

 

脂漏性皮膚炎の改善を考えるのであれば、アミノ酸系シャンプーを選ぶのが一番オススメです。

 

ノンシリコン

ウーマシャンプー商品画像

 

シリコンは髪をコーティングしてくれる成分ですが、脂漏性皮膚炎には相性が悪かったりします。

 

シリコンが頭皮の毛穴に詰まってふさいでしまい、その詰まりが原因で頭皮環境が悪くなりトラブルの元になってしまいます。

 

脂漏性皮膚炎の間は頭皮のトラブルは絶対に避けたいので、なるべくノンシリコンシャンプーを選んだほうが良いでしょう。

 

保湿成分が入っているシャンプー

ウーマシャンプー商品画像

 

頭皮が乾燥していると、フケ、かゆみの原因になり症状を悪化させてしまう場合があります。

 

なるべく保湿成分の含まれたシャンプーを選びましょう。

 

主に以下のような成分です。

  • ヒアルロン酸
  • 馬油
  • ホホバオイル

 

抗炎症・抗殺菌作用がある成分

育毛シャンプーで脂漏性皮膚炎は治せるの?解説と

シャンプーの中には抗炎症・抗殺菌の効果がある成分が含まれたものもあります。

 

これらは、炎症、湿疹、かぶれ、ニキビなど頭皮のトラブルを防ぐ効果があり、脂漏性皮膚炎の改善には必要な成分です。

 

特にグリチルリチン2Kという成分がそれに当てはまり、頭皮環境改善をサポートしてくれます。

 

まとめ

 

以上が脂漏性皮膚炎改善に役立つ育毛シャンプー選びのポイントです。

 

脂漏性皮膚炎はちゃんとした治療をすれば完治する病気です。

 

もちろん、ひどい場合には皮膚科に診てもらうのが1番大事ですが、ちょっとしたシャンプー選びでも症状を軽減させることも可能です。

 

加えて、規則正しい生活習慣、バランスの取れた食生活、ストレス解消なども意識してくと更に改善に期待できます。

 

バランスよく日常生活に取り入れていきましょう。

 

 

※脂漏性皮膚炎にオススメのシャンプー↓

トップへ戻る