※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

徹底比較!モンゴ流シャンプーVS(u-ma)ウーマシャンプープレミアム

ネットで育毛シャンプーを探していると上位に表示されるシャンプーってだいたい同じですよね。

 

どのシャンプーを選べばいいか悩まれている方も多いと思います。

 

この記事ではその中でも人気が高い「(u-ma)ウーマシャンプー」と「モンゴ流シャンプー」の2つを取り上げて比較してみたいと思います。

 

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

  • 成分
  • 口コミ
  • 使い心地
  • 価格
  • コスパ

などいろいろな観点で比べていますので、どちらが優れているかはっきりと分かる記事となっています。

 

迷われている方はぜひご覧ください。

それぞれの特徴

 

モンゴ流シャンプー

 

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

モンゴ流シャンプーのモンゴ流の意味は、モンゴロイドと呼ばれるモンゴル人のことで、薄毛の少ない彼らが古来より洗髪時に使っている成分を配合したシャンプーということからきています。

 

特にモンゴロイド3大伝承成分というものがあり、イラクサエキス、ユッカ根エキス、シーバックソーンに3つは保湿、保護成分があり、髪と頭皮健康を保つために徹底研究の上で配合された成分とのことです。

 

他にも全部で33種類の天然植物成分が含まれていて、血行促進、髪にハリ・コシを与えるなどの効果も期待できるシャンプーです。

 

※2018年4月にリニューアルし、天然成分の追加や、使い心地の改善がされました。

 

モンゴ流シャンプーの特徴

 

  • 刺激がやさしいアミノ酸系シャンプー
  • ノンシリコン
  • 無添加製

 

ウーマシャンプー

 

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

名前の由来にもなっている馬油をたっぷりと配合して作られたシャンプー。

 

抜群の保湿成分と、浸透性があり頭皮を乾燥から守ってくれます。

 

他にも有効成分であるグリチルリチン酸2Kという成分が、頭皮のトラブル(かゆみ、フケ、ニキビ)を防いでくれる役割があるので、良い頭皮環境を維持してくれます。

 

ウーマシャンプーの特徴

 

  • 刺激がやさしいアミノ酸系シャンプー
  • ノンシリコン
  • 鉱物油・香料・着色料無使用、無添加

 

【成分】で比較!

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

【モンゴ流シャンプーの全成分】

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリン酸ポリグリセル-10、ラウラミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ホホバ種子油、イラクサ葉エキス、センブリエキス、ローマカミツレエキス、トコフェロール、ユッカグラウカ根エキス、ヒバマタエキス、アンペログシスブログロセデンタタ葉エキス、アロエベラエキス、オタネニンジンエキス、スギナエキス、ボタンエキス、グリチルリチン酸2K、ローズマリー葉エキス、カンゾウ根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルテア根エキス、ユッカグラウカ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、チャエキス、サンショウエキス、ホップエキス、ウメクロウメモドキ油、ライム油、ラベンダー油、レモン果皮油、ローズマリー油、マンダリンオレンジ果皮油、ヒノキ油、イタリアイトスギ油、オレンジ油、カルボキシメチルキトサンサクシナミド、1,2-ヘキサンジオール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、グルコース、水添レシチン、銅クロロフィリンNa、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、クエン酸、メタリン酸Na、メントール、フェキシエタノール、エタノール

 

【ウーマシャンプーの全成分】

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドDEA、イソペンチルジオール、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンNa、ポリクオタニウム-10、クエン酸、馬油、クララエキス、センキュウエキス、トウキエキス、センブリエキス、アロエベラエキス-1、BG、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ホップエキス、レモン果実エキス、黒砂糖、メントール、オタネニンジンエキス、ダイズエキス、グリチルリチン酸2K、ヒノキチオール、フェノキシエタノール、エタノール

 

この中でモンゴ流シャンプーに含まれている天然植物成分は33種類、ウーマシャンプーは25種類含まれています。

 

成分の種類でいえば、モンゴ流シャンプーの方が多いようです。

 

しかし、すべてが育毛に役立つ成分かといったらそれは怪しく、薄毛が少なかった民族のモンゴル人のシャンプーの成分を取り入れたからと言ってそれも直接的に効果はあるのかという点でも少し疑問に思う部分もあったりします。

 

ですので、一概に成分の種類の多さだけで判断できない部分もあります。

 

そして、モンゴ流シャンプーは「化粧品扱い」なのに対し、ウーマシャンプーは「医薬部外品扱い」です。

※シャンプーなどのスカルプ商品は、最初は化粧品という扱いで分類されます。しかし、その化粧品の中でも、薬事法に基づき、国が認めた効果を示す成分を含んでいると化粧品→医薬部外品→医薬品というようにランク分けされていきます。

医薬部外品だからといって、育毛の効果を保証する成分が含まれているわけではないのですが、効果の程としては化粧品と医薬品のちょうど間に位置するので、化粧品よりは期待ができそうです。

 

よって、成分対決はウーマシャンプーの勝利とします。

 

【口コミ】で比較!

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

ここではAmazon、楽天のレビューの数と高評価の割合で比べたいと思います。

 

モンゴ流シャンプー

 

【楽天】
※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

【Amazon】
※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?
※モンゴ流シャンプーのAmazonのレビュー数が少ないのは、2018年4月にリニューアルしたため、レビューがリセットされたためだと思われます。

 

良い口コミ

まだ1本め使い終わっていないですが、痒みやフケはおさまってきた感じがあります。

 

頭皮環境が改善されて、少しずつ抜け毛が減ってくることに期待です。

以前は頭皮の乾燥のせいか、かゆみがあったのですが、このモンゴ流シャンプーを使っている間はかゆみはおさまりました。

 

使って2週間、髪1本1本がたくましくなったような気がします。

悪い口コミ

シャンプーした直後は大丈夫なのですが、髪を乾かしてからがものすごく痒くなりました。私には肌に合いませんでした。

 

幸い返金保証期間中だったので、返品できましたが・・・

使い心地は良かったですが、値段が高いです。
ジムに通っているので、シャンプーの回数は確かに多いのですが、2ヶ月保つかどうか・・・

 

抜け毛も薄くなったところが多少隠れればと思っていたのですが・・・生えてきません。

 

ウーマシャンプー

 

【楽天】
※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

【Amazon】
※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

良い口コミ

3ヶ月使ってみると、明らかに気になっていた分け目の部分が濃くなってきているのが分かりました。

 

美容師さんからは以前は「頭皮が固くなっていますね」と指摘を受けていたのですがつい先日、「頭皮の状態が良くなっていますよ」と褒められました♪

 

もう少し続けてみます。

旦那と2人で使ってます。以前のシャンプーはよく痒みがでていたのですが、現在は大分治まりました。

 

泡立ちもよく、癖毛の私でもきれいにまとまるのでとても気に入っています。

悪い口コミ

頭頂部が気になって使い始めたのですが、毛の量は変わりませんでした。

 

シャンプー自体も合わないのか、顔に吹き出物が出てきてしまいました。

購入理由がかゆみ改善のためだったのですが、全く効きませんでした。

 

頭皮環境の改善と書いてあっただけに期待してしまったので仕方ないです。

 

抜け毛は減った感じはあります。どうやら個人差が出るようです。

結果は、ほぼ互角でしたが楽天のレビュー数と高評価の割合が僅かに高いモンゴ流シャンプーの勝ちとします。

【使い心地】で比較!

ウーマシャンプー商品画像

 

それぞれ実際に使っている人の口コミから使い心地をまとめてみたいと思います。

 

【モンゴ流シャンプーの使い心地】

 

 

【香り】:シトラスライム

 

【色】:緑

 

良い口コミ
  • 爽快感があり、スッキリ洗い流せる
  • モコモコと泡立つマイルドで緑の泡
  • 泡切れが良い
悪い口コミ
  • シャンプーだけだとキシキシする
  • 敏感肌には刺激が強いような気がする
  • 匂いが微妙

 

【ウーマシャンプーの使い心地】

 

 

【香り】:無臭

 

【色】:無色透明

 

良い口コミ
  • メントール配合でスゥーッとする感じ
  • 洗い上がりサッパリで、しっかり洗えている感がある
  • 髪がしっかりまとまる
  • キシミ・ごわつきが少ない

 

悪い口コミ
  • 中にはキシみが出る人もいる
  • もう少し香りがほしい
  • 粘度が高いので髪にシャンプーが残る時がある

 

口コミから抜粋しましたが、キシみがあるという人もいればキシみはないという反対の意見というのも多く見られたので、感じ方は人による部分はあります。

 

ただ、個人的にはモンゴ流シャンプーの方はスゥースゥーした感じが強いという意見が多く「若い人向けかな?」なんて声もあったので、ここは2つの中では万人受けしそうなウーマシャンプーを推したいと思います

 

【価格】で比較!

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

【モンゴ流シャンプーの価格】

内容量・・・400ml

 

単品購入 4,980円 送料無料

 

定期購入 4,480円 送料無料

 

※モンゴ流シャンプーの定期便は以下のようにと続けるごとに割引が大きくなっていきます。

  • 1本目〜5本目まで500円OFF
  • 5本目〜10本目まで600円OFF
  • 11本目〜    750円OFF

 

【ウーマシャンプーの価格】

内容量・・・300ml

 

単品購入 4,320円 送料+630円

 

定期購入 3,460円 送料無料

 

モンゴ流シャンプーとウーマシャンプーでは1本あたりの内容量が違うので1mlあたりの単価を割り出して比べてみたいと思います。

 

【単品購入】

  • モンゴ流シャンプー = 12.45円/1ml ◎
  • ウーマシャンプー  = 16.5円/1ml

 

【定期購入】

  • モンゴ流シャンプー = 11.2円/1ml ◎
  • ウーマシャンプー  = 11.5円/1ml

まず単品購入ではウーマシャンプーは大分割高になってしまうので、モンゴ流シャンプーの圧勝です。

 

そして、定期コースはウーマシャンプーも大分安くはなるのですが、こちらも僅差でモンゴ流シャンプーの勝利です。

 

コスパ対決

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

 

モンゴ流シャンプー公式サイトでは1日1プッシュで約3ヶ月〜4ヶ月は保つ計算だそうです。

 

4ヶ月保つと仮定して1日あたりのコスパに落とし込むと

  • 単品購入だと41.5円/1日
  • 定期購入だと37.3円/1日

になります。

 

ウーマシャンプーの場合は公式サイトでは1本で2ヶ月とのことです。

 

しかし、ウーマシャンプーの口コミでは泡立ちが良くて「2ヶ月は余裕」という声や、私自身、ウーマシャンプーを使っている感想ですと、短髪の人であれば同じく4ヶ月は保つ感覚です。

 

ですので、平均をとって3ヶ月で計算して1日のコスパに落とし込んでみたいと思います。

  • 単品購入だと55円/1日
  • 定期購入だと38.4円/1日

【1日あたりのコスパ表】

単品購入(1日) 定期購入(1日)
モンゴ流シャンプー 41.5円 37.3円
ウーマシャンプー 55円 38.4円

 

それぞれ、単品購入では13.5円、定期購入では1.1円、モンゴ流シャンプーの方が安いという結果でした。

 

返金保証制度について

 

シャンプーはそれぞれ体質によって肌に合う合わないがあり、合わない場合だと育毛どころかフケ・かゆみ・ニキビなどの症状がでて頭皮環境を悪化させてしまう可能性があります。

 

これは実際に使用してみないと分からない要素が多く、シャンプーを選ぶときは悩むポイントであったりもします。

 

しかし、そんな場合のためにウーマシャンプーとモンゴ流シャンプーには返金保証制度が付いており万が一肌に合わなかった場合は商品を返品して、お金も返金してもらうことができます。

 

返金保証の内容は少し違いがあるため説明いたします。

 

【モンゴ流シャンプーの返金保証の内容】

  • 返金保証期間・・・14日間
  • 返金保証の内容
モンゴ流シャンプー本体とは別にお試しサンプルが一緒についてくるので、そちらを使います。

万が一サンプルが肌に合わなかったら、本体だけを返す仕組みです。

※本体を使ってはいけません。本体を開けた時点で返金保証は使えなくなってしまいます。

  • 返品方法
14日以内にサポートセンターに連絡して、購入者が送料負担で商品を送ります。

 

【ウーマシャンプーの返金保証の内容】

  • 返金保証期間・・・30日間
  • 返金保証の内容
ウーマシャンプーを通常通り使い、何か異常があれば返品できます。ちなみに30位内であれば丸々1本使い切っても返品可能です。
  • 返品方法
30日以内にサポートセンターに返品の旨を伝え、使用したボトルを(空でもOK)購入者が送料負担で送ります。

ウーマシャンプーは考えようによっては、返品の際の送料のみで1本使えちゃうということにもなります。

シャンプーを買うときは万が一のことを考えて、これらの返金保証に関する情報はしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

結論

※徹底比較※!モンゴ流シャンプーVSウーマシャンプーはどっち?

モンゴ流シャンプー ウーマシャンプー
成分 X
口コミ X
使い心地 X
価格 X
コスパ X

 

結果、モンゴ流シャンプー3勝、ウーマシャンプー2勝でトータルではモンゴ流シャンプーの勝利となりました。

 

やはり、モンゴ流シャンプーの価格とコスパが良さが今回の勝敗を分けた要因でしょう。

 

ま、と言っても正直そこまで差があるわけではなく僅差の違いなので、選ぶときは成分や効果で選ぶ方が良いと思います。

 

個人的な意見としましては、勝負には負けましたがウーマシャンプーをおすすめします

 

理由としましては、やはり化粧品と医薬部外品の違いです。

 

ウーマシャンプーにはグリチルリチン2Kという厚生労働省が認可している有効成分が含まれています。

 

ウーマシャンプーが医薬部外品に分類されているのは、おそらくこの成分のおかげだと考えられています。

 

グリチルリチン酸2Kは頭皮のトラブル(炎症、湿疹、かゆみ、炎症、かぶれなど)を防ぐ効果が期待でき、良い頭皮環境を維持するためには必要不可欠と言っても言い過ぎではありません。

 

モンゴ流シャンプーも33種類の天然植物成分が含まれていますが、全てに効果があるわけではなく、科学的根拠のない成分が含まれていたりもします。

 

この点を踏まえても、成分の点ではやはりウーマシャンプーの方が優れていると考えるのでウーマシャンプーを推します。

 

ただ、先程も言ったとおりシャンプーには向き不向きがありますので、価格や成分だけにこだわるのではなく相性もしっかり見ていく必要もあります。

 

運良くどちらも返金保証付きで気軽に試せるので、気になる方は両方使ってみるというのも1つの手かもしれませんよ(^^)

 

→モンゴ流シャンプー返金保証付きはこちら

 

→ウーマシャンプー返金保証付きはこちら

 

トップへ戻る