ウーマシャンプーのコンディショナーってどうなの?必要?調べてみた

ウーマシャンプーのコンディショナーってどうなの?必要?調べてみた

ウーマシャンプーのコンディショナーの効果と必要性

スカルプケアシャンプーとして知名度の高い「ウーマシャンプー

 

ウーマシャンプー商品画像

 

その販売元のゼロプラスより、ウーマシャンプーとともにウーマコンディショナーというものが発売されているのをご存知でしょうか?

 

セットで売られているのが多いようですが、その品質はどうなのでしょうか?

 

また、、ウーマシャンプーにコンディショナーは必要ないなんて意見も聞いたりしますが、その真相は一体どうなのでしょう?

 

この記事では

  • ウーマコンディショナーどういうものなのか?必要なのか?
  • そもそもウーマシャンプーにコンディショナーは必要なのか?

 

などの疑問を解説しています。気になる方はぜひご覧ください(^^)

ウーマシャンプーコンディショナーとは?

ウーマシャンプーのコンディショナーってどうなの?必要?調べてみた

 

u-maコンディショナーとはウーマシャンプーの製造元のゼロプラスより、髪の頭皮環境を整えるために作られたコンディショナーのことです。

 

本来髪のパサつき、ゴワつきのない髪は、頭皮環境が整っていれば自然に生えてくるということで、コンディショナーは必要ないという考えでした

 

しかし、そのような髪になるまではヘアサイクルの問題もあり、何ヶ月単位の時間が必要になります。

 

ウーマコンディショナーはそれまでの間、髪のパサつきゴワつきを抑え、頭皮環境の改善を助けるという目的で販売されました。

 

ウーマコンディショナーの特徴としては、以下の様になります。

 

ウーマコンディショナーの特徴

話題の新成分「ゼイン」配合

ウーマシャンプーのコンディショナーってどうなの?必要?調べてみた

 

「ゼイン」とはトウモロコシ由来の成分で、水に溶けにくいタンパク質でできています。

 

効果としては、タンパク質の髪の毛に付着し、ハリ・コシを与えると共に表面に膜をつくり、艶のある指通りのいい髪の毛に仕上げることができます

 

不要なもの使わない

ウーマシャンプー商品画像

 

ウーマコンディショナーは髪に優しいと言われるノンシリコンでできており、他にも

 

香料、着色料、鉱物油、パラペン・クール系色素・シリコン・酸化防止剤

 

といった、市販で売っているコンディショナーに含まれている、本来は頭皮に必要ない成分を一切使用しないで作られています

 

最高級こうね馬油を使用

ウーマシャンプー商品画像

 

ウーマコンディショナーには人間にとって優れたスキンケア成分と言われる、「馬油」が入っています。

 

効果としては、保湿効果が高く、浸透力があるため、髪の内部まで保湿し、ベタつかない髪に仕上げます

 

 

 

以上がウーマコンディショナーの特徴です。

 

成分を見る限り、コンディショナーにしてはなかなかこだわっているようにお見受けします。

 

しかし、気になる部分もあり、ノンシリコンや、馬油が含まれているなどウーマシャンプーに近い特徴もあり、本当に必要なの?と思う部分も多少感じられます。

 

そして、価格も3,800円と結構値が張るという点も、個人的にはちょっと考えてしまうポイントでしょうか。

 

<ウーマシャンプー公式サイト>

 

そもそもウーマシャンプーにリンス・コンディショナーは必要なの?

ウーマシャンプーのコンディショナーってどうなの?必要?調べてみた

 

この疑問ですが、基本的にはウーマシャンプーを使えばコンディショナーは必要ないとされています

 

公式サイトのQ&Aコーナーにはこのように明記されています↓

 

ウーマシャンプーのコンディショナーってどうなの?必要?調べてみた

 

「通常は、ウーマシャンプーのみのご使用で構いません。髪のゴワつき・きしみが気になる方のみ、ご使用ください。」

 

どうやら、販売元の0ゼロプラスもキシみ・ゴワつきが気になる方のみコンディショナーの使用を勧めているようです。

 

ウーマシャンプーには、もともと髪に艶をや保湿を与えたり、髪質を良くする成分も含まれています。

 

以下、理由をまとめてみます。

 

ウーマシャンプーにコンディショナーなしでも大丈夫な理由

ウーマシャンプー商品画像

アミノ酸シャンプー

 

ウーマシャンプーはアミノ酸シャンプーに分類されており、洗浄力のやさしさ低刺激が特徴のシャンプーです。

 

洗浄力がやさしいため、市販の安い洗浄力が強いシャンプーに起こりがちな、皮脂を落としすぎて乾燥、フケ、かゆみが出るなどといったトラブルが起きにくいです。

 

そして程よい洗浄力で適度な皮脂を残してくれるので、保湿性が保たれ、洗浄後に髪がパサつきにくくなるのも特徴です。

 

弱酸性

 

シャンプーは含まれている成分によって、「弱酸性」と「アルカリ性」の2種類に分けられます。

 

そして、ウーマシャンプーは弱酸性に分けられます。

 

髪の毛は通常、性質がアルカリ性に近づくと、※キューティクルが開き、キシみやすくなってしまうと言われています。

 

そして、一般的な水道水はアルカリ性に近い性質を持っているとされています。

 

これを考えると髪の毛は、シャワーなどの水道水で濡らしただけでもキシんでしまうということになります

 

(プールなどに入ったあと、髪の毛がキシんだなんて覚えはないでしょうか?)

 

しかし、これが弱酸性のシャンプーを使うことで水道水でアルカリ性に傾いた髪を元の性質に戻すことができるのです。

 

キューティクルは性質が弱酸性に近づくと、アルカリ性のときとは反対に閉じるという特徴があります。

 

ですので、キューティクルが開かないように仕上げるため、キシみゴワつき予防のためには弱酸性のシャンプーは効果的ということになります

 

※キューティクルとは髪の表面の保護層のことで、キューティクルが閉じていると保湿性が保たれ、艶のある髪になると言われています。

 

馬油が配合されている

 

先程も馬油については触れましたが、馬油には抜群の保湿効果が期待できます

 

この保湿効果のおかげで、馬油を使ったシャンプーの洗い心地はキシみが少なく、滑りの良さがとても良いと言われています

 

髪を乾かしたあとも、サッパリと、サラサラとした髪質に仕上がります。

 

 

→ウーマシャンプー公式サイトを見てみる

ウーマシャンプーの使用感に関する口コミ

ウーマシャンプー商品画像

※参照:アットコスメ

【29歳・女性】

 

毛穴まで、キレイに洗えている感じがします。

 

馬油配合のシャンプーにしては泡立ちやすく、洗髪後はさっぱりする感じです。

 

コンディショナーなしでも髪がサラサラになるので、私はこれ一本で済みました

【37歳・女性】

 

知り合いのすすめで始めました。

 

使用感としては、洗い上がりがナチュラルに仕上がる感じで好印象。

 

髪もサラサラになり、まとまります

 

シャンプーと同時に髪の補修もできるし、結構長持ちするので、それを考えるとそんなに高くないかも。

【41歳・女性】

 

カラーやパーマで傷んでいるので、髪に優しいシャンプーを探していました。

 

低刺激のアミノ酸シャンプーということでこちらを購入。

 

泡立ちはとてもいいです。洗髪後はスーッとする感じ?

 

キシみはまったくなく、アミノ酸シャンプーならではの感触です

 

乾かしたあともパサパサせず、むしろ毛先はしっとりという感じ。

 

バスタイムの時間も短くなったのでよかったです。

コンディショナーを使ったほうが人はどんな人?

ウーマシャンプー商品画像

 

口コミでは効果を感じられている人が多かったですが、肌質というのは人それぞれ違うので、全員に同じような髪質に仕上がるとは限らないというのも事実です。

 

中にはコンディショナーを使ったほうが良い髪質を保てる人もいるでしょう。

 

特に次のような人には、コンディショナーの併用をおすすめします。

 

その1「ウーマシャンプーを使ってもキシみ、ゴワつきが出る人」

 

特に「皮脂が薄い人」や、「極度の乾燥肌」なんて人が使うと皮脂が落とされすぎて、保湿性が保たれなくなってパサつきが出たり、潤いのない髪に仕上がってしまう場合もあります

 

逆に元々「オイリー肌の人」で、整髪料なんかを使っている場合は、アミノ酸シャンプーでは汚れが落としきれずに、洗い残しが原因で指通りの悪いキシんだ髪になるケースも考えられます。

 

このような場合にはシャンプーだけでは解決できないのでコンディショナーを使うのも有効でしょう。

 

他にも髪質は、そのときの体調や、季節によっても変わってくるためその都度、自分にコンディショナーは必要か自分で見極める必要もあります。

 

その2「香りが欲しい人」

 

ウーマシャンプーは香料が入っていないため、匂いがほとんどないのも特徴です。

 

成分程度の香りはするようですが、口コミでも「もう少し香りが欲しいかも」なんて声もあったりします。

 

香りは人それぞれ好みが分かれるので無香料は無難かもしれませんが、香りがないと寂しいと感じる人は、それ目的でコンディショナーを使うのも一つの手でしょう。

 

ウーマコンディショナーは結局いるの?

ウーマシャンプー商品画像

 

個人的にはシャンプーはウーマシャンプーを使ったとしても、コンディショナーはウーマコンディショナーじゃなくてもいいかなと思います

 

頭皮環境を整えるための保湿や髪の補修する成分はシャンプー自体に含まれているため、コンディショナーが担う役目は髪をコーティングして髪の健康を保護するということのみになります。

 

この役割はウーマコンディショナーじゃなくても果たすことはできますし、むしろ、いろいろ試してみて自分に合うものを使ったほうが効果が期待できます。(ウーマコンディショナーには、香料も含まれていませんし)

 

もちろん、ウーマコンディショナーも成分からこだわって作られているので合う人には良いと思いますが、個人的にはいろいろと試してみるのをオススメします。

 

自分にウーマシャンプーが合うかどうか試す方法

ウーマシャンプー商品画像

 

先程も説明したとおり、シャンプーというのは実際に試してみないと自分に合っているかどうかはわからないものです。

 

口コミが良くても、自分の肌には合わないなんてこともよくあります。

 

ですので、まずは何らかの形で試して見る必要があります。

 

ウーマシャンプーには「30日間返金保証制度」というものがあり、最初の1本は1ヶ月以内に返せば全額返金してもらうことができます

 

「使ってみたけど髪がキシんだ・ゴワついた」などの理由で返すのも全然OKです。

 

シャンプーが自分に合わないと中には「かゆみ、フケ、炎症が出た」なんて場合もあったりするので、そんなときこの返金保証はとても有効になります

 

ウーマシャンプーの使用感や、自分に合うかどうか気になっている人はぜひ1度試してみてください。

 

 

※ウーマシャンプーは商品紹介雑誌MONOQLOで2年連続で「BEST BUYシャンプー」に選ばれています↓

 

ウーマシャンプー商品画像

 

 

→ウーマシャンプーの30日間全額返金保証付きはコチラから

 

トップへ戻る