【徹底解析】ウーマシャンプーの成分を初心者にも分かりやすく紹介!

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

(u-ma)ウーマシャンプープレミアムの悪い成分の解析!

販売開始から販売累計40万本を突破した人気育毛シャンプー「ウーマシャンプー

 

ウーマシャンプー商品画像

 

そんなウーマシャンプープレミアムですが、なんと悪い成分が入っていることが分かりました。

 

使う人によっては、肌荒れ、フケ、炎症なども考えられますので注意が必要です。

 

この記事では、ウーマシャンプーの

 

  • ウーマシャンプーに含まれている悪い成分
  • ウーマシャンプーの効果的な成分と特徴

 

この2つの課題にフォーカスして成分解析していきたいと思います。

 

ウーマシャンプーが気になっている方は、購入前にぜひご覧ください。

 

 

【ウーマシャンプーの全成分↓】

馬油グリチルリチン酸2K海藻エキス(1)、ラン抽出液、アスパラサスリネアリスエキス、dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム、加水分解ケラチン液、クララエキス(1)、センキュウエキス、トウキエキス(1)、センブリエキス、アロエエキス(2)、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、オトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、レモンエキス、ニンジンエキス、ダイズエキス、黒砂糖エキス、ヒノキチオール、ツバキ油、L-バリンL-ロイシンL-イソロイシンN-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、1,2-ペンタンジオール、塩化O-〔2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル〕ヒドロキシエチルセルロース、3-メチル-1,3-ブタンジオール、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸ジエタノールアミド、フェノキシエタノール、l-メントール、精製水

  • 赤色=悪い成分
  • 青色=良い成分

ウーマシャンプーの悪い成分

ウーマシャンプー商品画像

 

成分表示から見るに、2つ気になる成分を見つけました。

  • テトラデセンスルホン酸ナトリウム液
  • フェノキシエタノール

この2つです。それぞれ解説していきます。

 

テトラデセンスルホン酸ナトリウム液

ウーマシャンプー商品画像

 

「テトラデセンスルホン酸ナトリウム液」は医薬部外品名で、一般では「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」の名前で知られています。

 

※以後「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」で説明していきます。

 

このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naは天然由来の成分を配合して作られた界面活性剤のことです。

 

この成分の特徴は洗浄力・脱脂力・刺激性が強いということです。

 

刺激性や洗浄力が強いと敏感肌の人だと乾燥肌荒れかゆみフケ、などに繋がります。

 

ウーマシャンプーではこのオレフィン(C14-16)スルホン酸Naの強すぎる洗浄成分を緩和させるために「カミドプロピルベタイン」という低刺激で、肌に優しい洗浄成分も含ませています。

 

しかし、いくら緩和させてあるとはいえ市販のシャンプーに近い洗浄成分が含まれているため、合う、合わないの個人差が出てくる場合があるので注意が必要になります。

 

※オレフィン(C14-16)スルホン酸Naは泡立ちが良くなったり、脂性の人には向いているなどといったメリットもあったりします。

フェノキシエタノール

ウーマシャンプー商品画像

 

この「フェノキシエタノール」はいわゆるシャンプーの使用期限を伸ばすために入れられた防腐剤のことです。

 

一見、防腐剤と聞くと良い印象を持たないと思いますし、フェノキシエタノールは天然成分ではありますが、極度な敏感肌の人は肌に影響がないとは言えない
成分になります

 

ただ、防腐剤というものはシャンプーを作る上では必要不可欠なものであり、ほとんどのシャンプーにも使われているものなのであまり気にすることはないかと思われます。

 

水気の多いところで使うシャンプーはどうしても腐りやすく、長持ちさせるには防腐剤となるものはどうしても入れざるをえないのが現状ですし、事実、防腐剤が入っていないとシャンプーは10日と持ちません

 

多少リスクはありますがここは割り切らないと行けない部分かもしれません。

 

※ちなみにウーマシャンプーの使用期限は開封前で3年〜4年、開封後で3ヶ月〜4ヶ月になります。

 

この2つの成分に副作用はないの?

ウーマシャンプー商品画像

 

基本的にシャンプーで副作用というレベルは、あったとしてもトラブル程度のものであり、命にかかわるような例は報告されていないのでご安心ください

 

しかし、この2つ成分の中にもそのトラブルが考えられる要素が少なからず含まれているのも事実になります。

 

ここでオレフィン(C14-16)スルホン酸Naとフェノキシエタノールの副作用について解析したいと思います。

 

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

 

これはウーマシャンプーの洗浄成分で、洗浄力が強く刺激が強いので、皮脂や油分を丸ごと落としてしまうことが難点として挙げられました。

 

副作用でいうと

 

人によっては乾燥、フケ、かゆみ、炎症などの肌のトラブルにつながる場合があるという点です。

 

フェノキシエタノール

 

こちらはシャンプーの防腐剤の役割があるということでした。

 

副作用ですが、

 

一部湿疹や皮膚炎を患っている人の中には、稀にアレルギー反応が起こる場合があるとのことです。

 

※ただ、基本的にはフェノキシエタノールは健康的な皮膚には刺激性がほとんど無く、アレルギーが引き起こされたという例は報告されていないので成分的には安全と言われています。

 

それぞれ副作用と思われるものを記載しましたが、この症状が出るかどうかは実際に使ってみないとわからないのが本当のところです。

 

「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」の洗浄力と刺激の強さも他の洗浄成分である「カミドプロピルベタイン」などの成分で緩和されていますし、防腐剤である「フェノキシエタノール」もほとんどのシャンプーに使われている成分ですので、ウーマシャンプーのときのみに症状が現れるということは考えづらいです。

 

逆に万人に優しいシャンプーとして売り出されていても、いざ口コミを見てみると一部には「私には合わない」や「肌が荒れた」など悪い口コミが必ず見られるのもまた事実です。

 

ですので、シャンプー選びは余程の悪評だらけでなければ実際に試したりしながら自分に合ったシャンプー見つけていくのがいい方法だと思います。

 

関連記事↓

ウーマシャンプーの効果的な成分と特徴

 

次に育毛に効果的な成分、ウーマシャンプーの特徴的な成分について解析していきたいと思います。

 

馬油

ウーマシャンプー商品画像

 

馬油(バーユ、マーユ)はその名の通り馬から取れる油で、他の動物から採れる油より優れた性質があります。

 

馬油には、不飽和脂肪酸の一種であるα-リノレン酸という成分が多く含まれています。

 

α-リノレン酸は、保湿性や浸透性が高い特徴があり、頭皮環境を整えるにはうってつけの成分です

 

そして、α-リノレン酸属する不飽和脂肪酸は薄毛・抜け毛を考える上では定期的に摂取することが望ましいと言われています。

 

不飽和脂肪酸は体内で作り出すことができない成分なので、毎日の食事などから摂取する必要があります。

 

しかし不飽和脂肪酸は体内でも重要な物質になるため、せっかく摂取しても優先度の高い身体のほうに先に吸収され、頭皮までには栄養が行く渡りにくいという現状があります。

 

ウーマシャンプーは不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)を豊富に含んだ馬油を配合して、直接頭皮に浸透するような育毛シャンプーにつくりあげています。

 

そして、馬油には人間の皮脂に近い性質を持っているので人体に馴染みやすいという特徴もあります。

 

これにより、成分が角質層にまでしっかり浸透し馴染んでいくというメリットがでてきます。

 

馬油と育毛シャンプーはとても相性がいいということが言えます。

 

ガゴメ昆布(成分表表記=海藻エキス(1))

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

引用元

 

ガゴメ昆布は北海道の函館近海でしか採れない希少な昆布です。

 

成分にはミネラル、食物繊維、カリウム、鉄などが豊富に含まれています。

 

そしてエキスにはねばり成分である「フコダイン」が含まれており、傷ついた組織を修復・再生させる効果があるとされています

 

ちなみにガゴメ昆布は一般の海藻と比べるとフコダインの含有量が10倍もあると言われています

 

アミノ酸BCAA(成分表表記=L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン)

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

 

アミノ酸BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシン3つのアミノ酸の総称のことです。

 

これらの成分は、筋肉のエネルギー源になる栄養素で、ランナーなどがコンディションを整える際のサプリメントなどにも使用されることがあります。

 

育毛では、頭皮を引き締め、活力とピンッとハリのある髪に仕上げてくれる効果があります

 

加水分解ケラチン(成分表記=加水分解液)

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

 

毛髪、爪、皮膚に含まれるタンパク質のひとつで、非常に馴染みやすいのが特徴。

 

髪内部の繊維質を補強する効果があり、傷んだ髪を補修してくれます

 

さらにハリ・コシも与える効果もあります。

 

弱った髪、弾力のない髪には有効的な成分です。

 

グリチルリチン酸2K

ウーマシャンプー商品画像

 

甘草(カンゾウ)由来の天然有効成分。

 

抗炎症作用・抗アレルギー作用があると言われています。

 

これにより、フケ・かゆみ・炎症をデリケートな頭皮環境を整えることができます

 

脂漏性皮膚炎を発症している人は、このグリチルリチン酸2Kが配合されているシャンプーを使うと良いとされています。

 

→ウーマシャンプー公式サイトを見てみる

 

ノンシリコン

 

市販で売っているシャンプーにはシリコンが含まれているものが多いです。

 

シリコンの特徴としては髪をコーティングし、髪にツヤを出してくれたり、手触りを良くしてくれたりする点です。

 

しかしデメリットも有り、シリコンが頭皮をコーティングすると毛穴がシリコンに囲われしまって髪の成長を阻害してしまうことが考えられます

 

そしてそのコーティングにより、シャンプーの成分などが浸透しにくかったりもします。(パーマやカラーリングなども)

 

一方ノンシリコンはというと、シリコンとは逆でコーティングしないという特徴があるために成分が頭皮に直接浸透し、シリコンも毛穴に詰まることもないため頭皮のトラブルも回避できると言う利点があります。

 

ですので頭皮環境の改善を考えるなら、ノンシリコンの方が適しているということが言えます

 

しかし、そんなノンシリコンにもデメリットがあります。

 

それは価格が高いということです。

 

ノンシリコンは本当に高いものだと1本5000円を超えるものもあり、数百円で買える市販のものと比べるとやはり価格は気になってしまうところです。

 

しかし、今やノンシリコンシャンプーはメジャーになってきており、育毛シャンプーや美容室でもほとんどはこのノンシリコンが使われています。

 

ですので、ノンシリコンシャンプーは育毛や髪にいい影響を与えるということが評価されているというのも事実になります。

無添加

ウーマシャンプー商品画像

 

ウーマシャンプーは鉱物油、香料、着色料など無添加で作られています。

 

頭皮に悪影響を及ぼす成分は入っていないので、アレルギーなども起きにくく安心して使える設計になっています。

 

アミノ酸系シャンプー

ウーマシャンプー商品画像

  • N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液
  • N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液
  • ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
  • ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液

成分表から抜粋したこれらは、アミノ酸系洗浄成分と言われる成分です。

 

シャンプーには洗浄成分で考えると、大きく3つに分類されます。

 

  • アミノ酸系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー

 

の3つです。これらの特徴を表にしてみてみましょう。

 

石鹸系シャンプー

高級アルコール系シャンプー

アミノ酸シャンプー

洗浄力

△洗浄力が強い

△洗浄力が強い

◎程よい強さ

刺激性

○普通

△強い

◎弱い

保湿性

なし

なし

◎保湿性あり

泡立ち

○普通

◎泡立ちやすい

○普通

コスト

○安い

○安い

△高い

 

そしてウーマシャンプーはアミノ酸系シャンプーに分類されます。

 

アミノ酸系シャンプーは程よい洗浄力低刺激保湿性3つを特性を兼ね備えた優秀なシャンプーといえます

 

「程よい洗浄力」という特徴について少し説明します。

 

頭皮には常にある程度の皮脂が必要とされていて、その適度な皮脂が乾燥や外的刺激から頭皮を守り、フケや頭皮環境の悪化などを防いでくれるという役割を持っています。

 

程よい洗浄力だとその重要な皮脂を、全て落とさず適度に残しておくことができます。

 

逆に洗浄力が強いと、皮脂を余計に落としすぎてしまい、それがフケ、痒み、炎症などの原因になる場合があります。

 

更に皮脂が少なくなり酷くなると、今度はそれを補おうとして皮脂の過剰分泌などが起き、脂漏性皮膚炎の原因になったりすることもあるので注意が必要です

 

そして洗浄力が強いものとして、アミノ酸シャンプー以外の「高級アルコール系シャンプー」、「石鹸系シャンプー」がそれに当てはまります。

 

アミノ酸系シャンプーの特徴は他にもあります。

 

アミノ酸は人体の細胞と同じタンパク質を構成している成分の1つで、弱酸性で肌に馴染みやすく浸透率が高いということがいえます。

 

イメージとしてはシャンプーに溶け込んでいる栄養をそのまま直接頭皮に届けてくれると言った感じです。

 

ですので、これらを踏まえると

 

  • アミノ酸シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石鹸系シャンプー

 

の中では、アミノ酸シャンプーは一番頭皮環境を整えるのには最適であり、シャンプーで育毛を考えるのであれば必要不可欠な存在と言えます

 

先程挙げた4つの成分

  • N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液
  • N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液
  • ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム
  • ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液

これらはアミノ酸系の成分になり、アミノ酸系の中でも優秀な成分の部類に入ります。

 

しかし、このアミノ酸系シャンプーにも欠点があります。

 

それが価格が高いということです。

 

市販で売っているシャンプーに属する、石鹸系、高級アルコール系シャンプーに比べると、価格が数倍〜数十倍になってしまいます。

 

成分と効果を考えると「価格=品質」の考え方は仕方ない部分もありますが、この価格差は少しを見張るものがあります。

 

ですので、もしウーマシャンプーやアミノ酸シャンプーを買うときはなるべく安く買えるところ探すようにしましょう。

 

→ウーマシャンプーの最安値比較はこちら

 

→ウーマシャンプー公式サイトはこちら

 

脂漏性皮膚炎に効果はあるの?

ウーマシャンプー商品画像

 

脂漏性皮膚炎の治療は基本的には、皮膚科で治療していくのが基本です。

 

そして、その中で

 

  • 食生活の改善
  • 生活習慣の改善
  • 効果的なシャンプーを選ぶ

 

などの対策を行っていきます。

 

ウーマシャンプーは効果が期待できるのかということですが、結論を言うとウーマシャンプーは脂漏性皮膚炎におすすめできるシャンプーになります

 

脂漏性皮膚炎には、刺激の弱いアミノ酸シャンプーを使うのが最適です。

 

ウーマシャンプーはアミノ酸シャンプーである上に、グリチルリチン酸2Kなどの炎症を抑える成分も含まれているため脂漏性皮膚炎の改善が期待できるシャンプーと言えます。

 

→脂漏性皮膚炎とウーマシャンプーの関係について

 

ウーマシャンプー成分解析まとめ

ウーマシャンプー商品画像

 

これまでウーマシャンプーの成分に対していろいろ解析した結果、確かに悪いとされる成分、「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」や「フェノキシエタノール」などが含まれていることが分かりました。

 

しかし、実態は他の成分がそれらを欠点を補い合ったり、悪い成分と言ってもシャンプー全般に含まれているシャンプーを作る上では必要な成分であるということが分かりました。

 

ウーマシャンプーの位置付けとしては「市販のシャンプーよりは洗浄力、刺激は弱いが、アミノ酸系シャンプーの中では強い方」といった感じになります。

 

これを向いている人向いていない人に分けると

 

ウーマシャンプーが向いていない人
  • 極度の敏感肌
  • しっとりとした仕上がりを求める方
  • 香りが強いシャンプーを求める方
ウーマシャンプーが向いている人
  • 頭皮の臭い、かゆみ、フケ、が気になる人
  • 脂性、オイリー肌の人
  • 育毛対策を考えている人
  • 脂漏性皮膚炎を患っている人
  • さっぱり仕上げたい人

こんな人になります。

 

ただ1つ言えるとすると、これにすべてが当てはまるわけではありません。

 

口コミなどを見ても

 

「敏感肌、女性にも問題なく使えました」

 

と言う人もいたり、ウーマシャンプーに関する他のサイトを見ても一方では

 

乾燥肌向きに作ってあり、脂性にはおすすめできません

 

と書いてあったり、また一方では

 

超脂性の方にはおすすめですが、乾燥肌の人は注意が必要です

 

など全く真逆の説明をしてところもあります。

 

なので自分に合ったシャンプーというのは実際に試してみないとわからない部分が多いのです。

 

シャンプーは毎日使うものです。

 

成分、相性などはしっかり確かめて自分の肌にあった最適なシャンプーを選んでいくようにしましょう。

 

ウーマシャンプーの30日間返金保証制度

 

ウーマシャンプーを公式サイトで購入すると30日間返金保証付きで買うことができます

 

最初の1本は1ヶ月以内であれば、肌に合わなかったり、気に入らなかったりした場合全額返金することができます。

 

何度も言っていますが、シャンプーは実際に使ってみないとその人との相性がわかりません。

 

ウーマシャンプーの向いている人の項目に当てはまったのに、何らかの症状が出たり、項目に当てはまっていなかったのに肌に合ったりと言う場合も全然考えられます。

 

ですので、この返金保証制度はお試しと言う意味で使うにはもってこいなのではないかと思います。

 

ウーマシャンプー商品画像

この返金保証の最初の1本はあくまでお試しという意味で使うべきで、育毛効果を期待するのはやめたほうが良いでしょう。

 

育毛というのは時間がかかるもので、1本を1ヶ月使った程度では効果が期待できません。

 

ヘアサイクルの問題も考えても最低3ヶ月〜6ヶ月は続けていく必要があります。あらかじめ理解しておきましょう。

 

ちなみに個人的には「定期コース」で購入するのがおすすめです。

 

定期コースで買うと単品購入よりも1.490円お得に買える上に特典まで付いてきます。

 

特典「ウーマトラベルセット」↓

 

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

 

解約も1回目からでも可能なので単品購入と比べてもほぼメリットしかありません

 

長く続けるにしても、最初でやめるにしてもどっちにしてもお得に買えちゃうのでおすすめですよ。

 

→詳しい定期コースの解約についてはこちら

 

ウーマシャンプーの評価

 

ウーマシャンプーはやはり売れているだけあり、他のネット通販の口コミでも評価が高いです。

 

Amazon↓

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

 

ヤフーショッピング↓

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

 

楽天↓

解析!ウーマシャンプーに悪い成分発見!買う前に知っておきたい真実

 

返金保証を使う人も結構いますので、気になる方はぜひ気軽に試してみてください(^^)

 

→30日間全額返金保証付きのウーマシャンプーはこちらから

トップへ戻る